2014年05月30日

具体的にはどうなるか


とうとう例の新法が
施行されます。


◆自殺、暴力、うつ、障害…根っこからの断酒、「個人」→「社会」の取り組みへ アルコール基本法6月施行<「msn産経ニュース」より>


国や地方自治体の責務を明記した

アルコール健康障害対策基本法」が

6月、施行される。


そうです。


私も、
何度も記事に書いていますが、

アルコール依存症患者へのイメージは
『意志が弱い、悪い』というイメージが
一般的だろうが、
駄目だと分かっていても
飲まずにいられなくなるのは病気だから



病気ですから!

きちんと、治療を受けましょう!


この新法、
アルコール依存に感心のない人は、
全然知らない
と思います。


こうした病気に
苦しんでいる人たちが、
沢山いるということも含めて、
新法のPRをしてほしいと思います。


この新法、
「不適切飲酒の防止」への
対策策定と実施を「国」に、
地域状況における施策実施を「地方自治体」に、
義務付けたものらしく。


施行2年以内に具体的な目標と
達成時期
を定めた「基本計画」が
策定される。


そうです。


具体的にどうするかは
これから決めるよと。



ただ、
国が表示や広告、販売で
不適切飲酒への誘引を防止するよう…

とあるのが気になります。


タバコのように、
単純に「酒は悪」というイメージを
すりこませるような方向には
行ってほしくないなと。


酒は一種の
「コミュニケーションツール」
でもあると思うんです。


適度に酒を楽しんでいる人の、
肩身が狭くなるような社会には
ならないよう…


ただただ、祈ってます



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へにほんブログ村 禁酒・断酒へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へにほんブログ村 アルコール依存症へ
posted by T8 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398241679

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。